×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゆうちょ(郵貯) 学資保険

ゆうちょ(郵貯)学資保険について

子供の将来の学費などを考えて、学資保険に入ろうと思う方はたくさんいると思いますが、正直どの保険がいいのか?貯蓄率や補償内容など比較してどれがいいのか?と思いますよね。アリコやアフラックソニー損保とたくさんの保険会社が学資保険を販売しています。

そのなかからゆうちょ(郵貯)の学資保険に注目して紹介していこうと思います。

ゆうちょの学資保険とは、郵便局の学資保険なんですが、2007年10月の郵政民営化の後は、かんぽ生命という日本郵政グループの生命保険会社になりました。皆さんにはかんぽというよりやはり郵貯の保険と言ったほうが、なじみが深いですよね。

でもホームページなどは前のURLとは違いますので、注意してください。保険のゆうちょの学資保険は二つの種類があります。「新学資保険」と「新育英学資」というものです。新学資保険に比べて新育英学資は保険金額も高くなっており、教育資金の準備にさらに安心をプラスしたい方へ、お勧めとなっています。

学資保険の補償内容を比較

学資保険に入る前に、まずは何のために学資保険に入るのか?何を重視するのか?考えたほうがいいと思います。学資保険は、子供の学費と教育資金を考えた保険です。中学や高校、大学など私立の学校に進学した場合、その入学金や学費はまとまった金額のお金が必要となります。

私立に限らず、すべてを公立の学校に進学した場合でも1300万円かかるというデータもあります。学資保険はそのための備えなのです。

ゆうちょの学資保険の補償内容は、進学のときや年齢に応じて、お祝い金として配当金がもらえます。ゆうちょの学資保険はそれに加えて、特約保険を付けることで、両親に万が一のことがあった時のために死亡保障がでます。貯蓄率、補償内容を比較しても、他の保険会社よりも人気のある保険です。学資保険を選ぶ場合は、まずはしっかり補償内容を確認することから始めてください。

人気の学資保険ランキングや資料一括請求など、学資保険に関する総合サイトがたくさんあるので、比較検討してみてください。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?